PRESS RELEASE
2022.03.7

国際協力銀行/三菱UFJ銀行との協調により、グループ全体で総額1億円の協調融資契約を締結しました。

HOME > NEWS > 国際協力銀行/三菱UFJ銀行との協調により、グループ全体で総額1億円の協調融資契約を締結しました。

英国でのさらなるプレゼンス拡大に向けた金融支援を獲得

京都フュージョニアリング株式会社(代表取締役:長尾昂、以下「当社」)および当社の英国子会社であるKyoto Fusioneering UK Ltd.(以下「KFUK」)は、株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)ならびに株式会社三菱UFJ銀行(三菱UFJ銀行、頭取:半沢 淳一)との協調による総額1億円の融資契約(以下「本協調融資」)を締結いたしました。

本協調融資の資金は、現地ステークホルダーとの関係強化及び市場調査等のコンサルティング業務等を行う英国KFUKの長期事業資金に充てられます。当社は、政府系金融機関であるJBIC、および大手民間金融機関である三菱UFJ銀行それぞれと連携し、核融合開発を国家戦略に位置づける英国でのプレゼンス強化並びに当地における核融合の実現に向けた研究開発を支援することを通じ、核融合の産業化、ならびにカーボンニュートラル社会の実現に向けた取り組みをさらに加速させて参ります。

【本協調融資の概要】
組成金額 1億円(JBIC[KFUKに直接融資]:70百万円相当の英ポンド、三菱UFJ銀行[当社を通じて融資]:30百万円) 
資金使途 KFUKの事業資金 
貸付人 JBIC、三菱UFJ銀行

【京都フュージョニアリングについて】
京都フュージョニアリングは2019年に京都大学の持つ知見をベースに設立された会社です。当社はカーボンニュートラル社会の実現に向けた先進技術の研究開発を行っており、特に、核融合炉の加熱装置や熱取出し装置、核融合プラントエンジニアリングにおいて、世界有数の技術力を有しています。当社の高性能かつ革新的なエンジニアリングソリューションを世界中に提供することで、世界中の核融合研究機関や事業会社と協業して核融合の実用化と商業化を加速し、人類に究極のクリーンエネルギーを提供し、カーボンニュートラルを実現することを目指します。

【当社概要】
会社名   京都フュージョニアリング株式会社
設立    2019年10月
事業内容  核融合炉関連技術、装置の研究開発、製作
代表者   代表取締役 長尾 昂(ながお たか)
社員数           35名 (派遣・業務委託・英国子会社含む)
所在地   東京都千代田区大手町(東京オフィス)
HP       https://kyotofusioneering.com/kfwp/
採用     https://kyotofusioneering.com/kfwp/joinus

【KFUK概要】
会社名   Kyoto Fusioneering UK Ltd. 
設立    2021年10月
事業内容  英国関係者との関係強化及び市場調査等のコンサルティング業務等
代表者   Director&CEO 長尾 昂(ながお たか)
社員数           5名 (兼任者・業務委託含む)
所在地   英国メイデンヘッド

【お問い合わせ先】
京都フュージョニアリング株式会社 広報担当
東京オフィス:〒100-0004   東京都千代田区大手町1丁目6番地1 大手町ビル6階
E-mail: media@kyotofusioneering.com
Twitter: https://twitter.com/kyotofusioneer
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/kyoto-fusioneering/

CATEOGRY
ARCHIVE
採用情報はこちらから
JOIN US
このWEBサイトはクッキーを使用しています。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。