PRESS RELEASE
2022.07.1

京都フュージョニアリング、元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長の村上憲郎氏が顧問に就任

HOME > NEWS > 京都フュージョニアリング、元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長の村上憲郎氏が顧問に就任

京都フュージョニアリング株式会社(代表取締役:長尾昂、以下「当社」)は、本日7月1日付で、元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長の村上憲郎氏が当社顧問に就任したことをお知らせいたします。

【村上憲郎氏の顧問就任について】
村上氏は、日立電子(株)のシステムエンジニアとしてキャリアをスタートしたのち、Digital Equipment Corporation(DEC)Japanおよび同社米国本社の人工知能技術センター等において、黎明期だった人工知能(AI)関連のプロジェクトに数多く従事。2003年にはGoogle米国本社副社長兼Google Japan代表取締役社長に就任されるなど、国内外のIT産業の中枢で活躍されてきました。村上氏には、当社が有する核融合炉関連の技術や知見が持つ競争力、そしてグローバル市場での成長可能性に大変共感いただいており、当社は、村上氏の幅広い経験と見識に基づく助言を活かしながら、経営基盤の強化および事業推進を目指して参ります。

【村上憲郎氏 略歴】
元グーグル米国本社副社長・日本法人社長。株式会社村上憲郎事務所代表取締役。
1947年大分県佐伯市に生まれる。1970年京都大学卒業後、日立電子(株)のミニコンピュータのシステムエンジニアとしてキャリアをスタート。1978年日立電子のミニコンからの撤退に伴いDigital Equipment Corporation(DEC)Japanに転籍。1986年から米国マサチューセッツ州のDEC米国本社人工知能技術センターに5年間勤務。1991年日本DECに帰任後、取締役マーケティング本部長を務める。2003年Google米国本社副社長兼Google Japan代表取締役社長に就任。2009年に名誉会長に就く。2011年の退任後、村上憲郎事務所を開設。京都大学で工学士号を取得し、現在は大阪公立大学大学院都市経営研究科教授、国際大学GLOCOM客員教授、大阪工業大学客員教授、会津大学参与にも従事する。

【京都フュージョニアリング株式会社について】
当社は、京都大学の長年に亘る核融合研究の成果に基づき2019年に設立された、核融合特殊プラント機器の開発に特化したエンジニアリング企業です。
プラズマ加熱装置、熱取り出しブランケット、高性能熱交換器、水素同位体ポンプを始めとした先端核融合工学分野において世界有数の技術力を有しており、英国原子力公社を始め全世界の核融合研究開発機関・企業を顧客に持ちます。
日本のものづくり力を結集し、革新的なエンジニアリングソリューションを世界に提供することで、人類に究極のクリーンエネルギーを提供し、新たな世界市場の創出することを目指しています。 

<会社概要>
会社名   京都フュージョニアリング株式会社
設立    2019年10月
事業内容  核融合炉関連技術、装置の研究開発、製作
代表者   代表取締役 長尾 昂(ながお たか)
社員数        45名 (派遣・業務委託・英国子会社含む)
所在地   東京都千代田区大手町(東京オフィス)
      京都府宇治市五ケ庄(共同研究拠点・京都大学宇治キャンパス内)
      英国バークシャー州レディング(英国子会社オフィス)
HP       https://kyotofusioneering.com/
採用ページ  https://kyotofusioneering.com/joinus

【本件に関するお問い合わせ先】
京都フュージョニアリング株式会社 広報担当
東京オフィス:〒100-0004   東京都千代田区大手町1丁目6番地1 大手町ビル6階
E-mail: media@kyotofusioneering.com

CATEOGRY
ARCHIVE
採用情報はこちらから
JOIN US
このWEBサイトはクッキーを使用しています。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。